事業一覧

ならわぬLIVE in 福井開催します!

2018.7.23 (月)

埼玉県から飛び出し、福井県で初開催です!!
何かを倣うのではなく、気づきや経験をもとにして…ならわぬ
御参加くださった方の問題意識と、呼応して…LIVE
現場歩きの経営コンサルタントと、今とこれからを考えませんか?

session1 13:15~14:55 
「あなたの想い」と「組織の特徴」を成長に結びつける!

   仕事をすること、チームで取り組むことの課題や、組織活性化の必要
   性が大きく問われています。
   経営コンサルティングの現場で、常に解決しなければならない大きな
   課題として取組んできました。
   今回は、なぜ、変わらなければならない組織になってしまったか、その
   原因をひもとき、そこから、変わっていくためのヒントを一緒に考えてい
   きたいと思います。

session2 15:05~16:45
農業経営の多角化を考える!

   農業経営多角化について、大きな意味での6次産業化すなわち垂直
   的多角化について、そのポイントを、A3シート1枚にまとめてみました。
   それぞれの取組のポイントを、詳細に見ていくことも大切なことですが、
   1枚のシートで、経営体の持つ強みを生かすためには、どのように取り
   組めばよいのかという視点で俯瞰してみると、新たな答えが見えてくる
   かもしれません。
   農業者の方は自社の強みを生かす今後の方向性を考える機会に、ま
   た、農業分野に興味のある方は、今後の日本経済のなかで農業が
   果たす役割がどこにあるのか、そして、どのように関わっていけばよい
   のかについて考える機会にして頂ければと思います。


ならわぬLIVE in 福井終了後「福井で飲み会!」をします。こちらもご参加募集中です。

 

パンフレットはこちらから

 

会場 福井市地域交流プラザ  601A
      福井市手寄1-4-1  アオッサ6階(福井駅東口1分)
参加費 3000円 
参加人数 55名

参加を希望する方は、希望されるsessionをご記入の上、FAXあるいは同様の内容をメールにてお申込みください。

FAX:048-644-3527

E-mail:narawanu.live(a)konocon.com (a)を@に変えて送付ください。

氏名

連絡先 自宅・勤務先の別をご記入ください。

住所

〒 -

TEL

FAX

E-mail

所属・勤務先


2018年07月08日

ならわぬLIVE 2018 season1開催します!

2018年6月16日(土)
ならわぬLIVE 2018 season1開催します!
2組限定、特別料金で相談をお受けします!

session1 15:30~17:30
 「はだかの王様」にならないために その2
 昨年、「王様は慎重だった」「部下も思慮深かった」でも「誤った行為に気付いたのになぜ、誤りを認めないのか」について、リーダーシップ論の基礎から考えました。さらに、今回は、なぜその「行動」が起きるのかについて近年の理論から考えます。

session2 18:00~20:00
 第5回 商品開発わい!わく?研究会
 プロダクトアウト型商品開発について考えましょう。
 お客様の声を聴くのは大切です。でも、原材料の限界は?製造設備で可能なものは? 儲かる商品開発につなげるために、作り手の事情について整理してみましょう!

会場 大宮ソニックシティ 901会議室
各sessionとも参加費 3000円
参加人数 45名
参加を希望する方は、希望されるsessionをご記入の上、FAXあるいは同様の内容をメールにてお申込みください。
FAX:048-644-3527
E-mail:narawanu.live(a)konocon.com (a)を@に変えて送付ください。
氏名
連絡先 自宅・勤務先の別をご記入ください。
住所
〒 -
TEL
FAX
E-mail
所属・勤務先

当日2組限定でご相談をお受けします。
興味のある方は、直接電話でお申込みください。
電話 048-644-5516 (有)河野経営研究所 担当 河野
1 13:00~13:00
2 14:10~15:10
特別料金 8,000円 (会場限定価格)
※ 通常初回相談料金10,000円/時間 2回目以降は内容によって御見積させて頂いております。

2018年06月07日

2017年度開催 ならわぬLIVE

1 season1
 7月に3つのsessionを開催しました。

7月13日(木) 19:00~21:00
第1回 商品開発わい!わく?研究会
 食品の商品開発について、商品を「見て」「触れて」「考える」時間です。
 「世の中の流れと商品との関係は?」、「誰に売ろうとしている商品だろうか?」、「生産…加工…流通…販売のボトルネックは?」、ベースとなる知識をもとに検討し、自らの強みを生かす商品開発について考えましょう。

7月20日(木) 19:00~21:00
マネジメントセミナー 「はだかの王様」にならないために
「事業計画書のセカンドオピニオン」サービス関連企画
 経営資源、ひと、もの、かねのなかで、もっとも重要なのは「ひと」です。それを理解して、ひとの育成や登用に努めてこられたかと思います。けれども、思ったように組織が動いていないことに気が付いたのに、何故なのかが分からない、そんなことはありませんか?

7月27日(木) 19:00~21:00
マネジメントセミナー 「朝令暮改」と受け取られないために
「事業計画書のセカンドオピニオン」サービス関連企画
 「見逃せない変化に対応するために」、「ここは他者よりも早くアクションを起こさなくてはならないから」、「優先順位が変わった」、様々な場面で、仕事の方向転換を余儀なくされることがあります。けれども、いつの間にか、無難に仕事をこなすだけの組織になっていませんか?

2 season2
 10月は10月22日(日)に3つのsessionを開催しました。

9:30~11:30
「SWOT分析」、視点を変えて考えると!
経営分析の手法ではなく、自らの経営をどのような視点で振り返るかが重要です。事業計画のスタートとなるSWOT分析、経営環境を今後のビジョンを描きながら考えてみましょう!

12:15~14:15
リーダーシップ理論からリーダーシップスタイルを考えてみよう!
様々な手法や、先達たちの事例から学ぶのも方法ですが、経営に生かせるリーダーシップ理論、原理原則を学んで、あなたのリーダーシップスタイルを作っていきましょう!

14:45~16:45
第2回 商品開発わい!わく?研究会
「食ビジネス」の生産から加工、流通、消費の制約条件を明らかにし、それをどのように捉えて、新たな商品開発を進めるのか、参加する皆さんと考えます!

3 臨時session
 12月9日(土)に臨時に開催しました。

第3回 商品開発わい!わく?研究会
「グラッセ」といわれる商品を考える緊急研究会!
商品が増えるその前に、作戦会議をしませんか。
「グラッセ」という名称がついている商品群、農産物の付加価値を付けるのに、なかなか良い商品だと感じています。とはいうものの、売れる商品にしていくためには、差別化できなければなりません。商品開発のケーススタディにもなりますので、興味のある方のご参加をお待ちしています!

4 20th ANNIVERSARY LIVE 1998-2018
 3月24日(土)に河野経営研究所20周年を記念して「現場から見た経営学と農業経営」を表題に開催しました。
15:00~16:30
 門前の娘ならわぬ経営学を語る
 父河野重榮が、昨年7月に亡くなりました。学究の徒として、経営学と向き合った父の学説を娘としてより多くの方に知って頂ければと思いました。河野律子の現場で学んだ経営学の視点で、語ります。

17:00~18:30
 第4回 商品開発わい!わく?研究会「商品の、ひと、こと」
 農業の6次産業化による商品開発について、3人の6次産業化に取り組むスピーカーとの対話を通じて、考えます。

 ① 行列のできるトマトと6次産業化総合化事業計画によるコンテナガーデン
     有限会社トマト園芸 代表取締役 立澤淳一氏
 ② 自農場産「武州豚」による本格ドイツ製法のハム・ソーセージの品質向上
     株式会社坂本ファーム バルツバイン 店長 坂本健将氏
 ③ 自農園産の果実を生かしたシフォンケーキ等加工品の商品開発と販路開拓
     株式会社渋谷農園 QuiQui 代表 渋谷しょうこ氏

19:00~20:00
 図で読み解く農業経営の多角化
 6次産業化等、農業経営の多角化に取り組む時のポイントについて、一枚の図から読み解いていきます。


2018年06月07日

2016年度開催 ならわぬLIVE

1 season1
 4月~5月に、代表取締役河野律子が、3年8か月の公務員を経て、復帰致しましたのを機に開催しました。構造改革特区を活用した制度で、民間の国家資格有資格者(中小企業診断士)を農業の6次産業化の支援のために任用するという制度で、埼玉県庁に勤務しておりました。
 この経験から、気づいたこと、考え続けたことを語りました。

2016年4月27日(水) 19:00~21:00
「もと任期付公務員ならわぬ地方自治を語る」
政策上の地方自治と現場で感じた地方自治の違和感はなぜ?
2016年5月6日(金) 19:00~21:00
「もと特区普及指導員ならわぬ農業を語る」
農業者の持つ経営資源、経済の仕組みを生かす農業政策は?
2016年5月11日(水) 19:00~21:00
「もともと門前の娘ならわぬ経営学を語る」
戦略的意思決定とそれを生かす経営資源の考え方は?

2 season2
 10月は、食ビジネスに関連した3つのsessionを開催しました。
 カフェやベーカリーなどの食ビジネスが農業とつながるきっかけを、民間・行政のふたつの立場から連携を支援した経験からお話しします。
 ものごとの、ものに重点がある場合、ことに重点がある場合、商品開発をどのように進めていけばよいのか、地域や企業の商品開発を支援した経験から、それぞれの場合を話しました。

session1
2016年10月 2日(日)
食ビジネスに知ってほしい農業のこと  
あなたのビジネスにとっての「農業の課題」は・・・
session2 10月 2日(日)
もの>ことの商品開発を考えてみよう
「できること」をお客様の欲しいものにしていくためには・・・
session3 10月20日(木)
もの<ことの商品開発を考えてみよう
「だれが」「どのように」を組み立てる前に・・・

3 season3
 3月は、農商工連携・6次産業化と、3月フェスと題しが弊社の3つの得意分野のコンサルティングの視点の3つのsessionを開催しました。

(1)農商工連携・6次産業化
 農商工連携・6次産業化分野でのコンサルティング15年間のノウハウを提供しました。

2017年3月9日(木)
農業経営の多角化の課題
「ひと」「もの」「かね」を強化するために

(2)ならわぬLIVE 3月フェス
 弊社の3つの得意分野のコンサルティングの視点について提供しました。
 朝から夜まで、経営について考える一日にしました。

session1
2017年3月25日(土)
事業計画見直しの視点
「限られた資源」「本当の強み」を成長に結びつけるために
session2
2017年3月25日(土)
組織改革の視点
「あなたの想い」「組織の特徴」を成長に結びつけるために
session3
2017年3月25日(土)
新商品・新サービス開発の視点
「できること」「挑戦すること」を成長に結びつけるために

2017年07月03日