2017年度開催 ならわぬLIVE

1 season1
 7月に3つのsessionを開催しました。

7月13日(木) 19:00~21:00
第1回 商品開発わい!わく?研究会
 食品の商品開発について、商品を「見て」「触れて」「考える」時間です。
 「世の中の流れと商品との関係は?」、「誰に売ろうとしている商品だろうか?」、「生産…加工…流通…販売のボトルネックは?」、ベースとなる知識をもとに検討し、自らの強みを生かす商品開発について考えましょう。

7月20日(木) 19:00~21:00
マネジメントセミナー 「はだかの王様」にならないために
「事業計画書のセカンドオピニオン」サービス関連企画
 経営資源、ひと、もの、かねのなかで、もっとも重要なのは「ひと」です。それを理解して、ひとの育成や登用に努めてこられたかと思います。けれども、思ったように組織が動いていないことに気が付いたのに、何故なのかが分からない、そんなことはありませんか?

7月27日(木) 19:00~21:00
マネジメントセミナー 「朝令暮改」と受け取られないために
「事業計画書のセカンドオピニオン」サービス関連企画
 「見逃せない変化に対応するために」、「ここは他者よりも早くアクションを起こさなくてはならないから」、「優先順位が変わった」、様々な場面で、仕事の方向転換を余儀なくされることがあります。けれども、いつの間にか、無難に仕事をこなすだけの組織になっていませんか?

2 season2
 10月は10月22日(日)に3つのsessionを開催しました。

9:30~11:30
「SWOT分析」、視点を変えて考えると!
経営分析の手法ではなく、自らの経営をどのような視点で振り返るかが重要です。事業計画のスタートとなるSWOT分析、経営環境を今後のビジョンを描きながら考えてみましょう!

12:15~14:15
リーダーシップ理論からリーダーシップスタイルを考えてみよう!
様々な手法や、先達たちの事例から学ぶのも方法ですが、経営に生かせるリーダーシップ理論、原理原則を学んで、あなたのリーダーシップスタイルを作っていきましょう!

14:45~16:45
第2回 商品開発わい!わく?研究会
「食ビジネス」の生産から加工、流通、消費の制約条件を明らかにし、それをどのように捉えて、新たな商品開発を進めるのか、参加する皆さんと考えます!

3 臨時session
 12月9日(土)に臨時に開催しました。

第3回 商品開発わい!わく?研究会
「グラッセ」といわれる商品を考える緊急研究会!
商品が増えるその前に、作戦会議をしませんか。
「グラッセ」という名称がついている商品群、農産物の付加価値を付けるのに、なかなか良い商品だと感じています。とはいうものの、売れる商品にしていくためには、差別化できなければなりません。商品開発のケーススタディにもなりますので、興味のある方のご参加をお待ちしています!

4 20th ANNIVERSARY LIVE 1998-2018
 3月24日(土)に河野経営研究所20周年を記念して「現場から見た経営学と農業経営」を表題に開催しました。
15:00~16:30
 門前の娘ならわぬ経営学を語る
 父河野重榮が、昨年7月に亡くなりました。学究の徒として、経営学と向き合った父の学説を娘としてより多くの方に知って頂ければと思いました。河野律子の現場で学んだ経営学の視点で、語ります。

17:00~18:30
 第4回 商品開発わい!わく?研究会「商品の、ひと、こと」
 農業の6次産業化による商品開発について、3人の6次産業化に取り組むスピーカーとの対話を通じて、考えます。

 ① 行列のできるトマトと6次産業化総合化事業計画によるコンテナガーデン
     有限会社トマト園芸 代表取締役 立澤淳一氏
 ② 自農場産「武州豚」による本格ドイツ製法のハム・ソーセージの品質向上
     株式会社坂本ファーム バルツバイン 店長 坂本健将氏
 ③ 自農園産の果実を生かしたシフォンケーキ等加工品の商品開発と販路開拓
     株式会社渋谷農園 QuiQui 代表 渋谷しょうこ氏

19:00~20:00
 図で読み解く農業経営の多角化
 6次産業化等、農業経営の多角化に取り組む時のポイントについて、一枚の図から読み解いていきます。


2018年06月07日